トップページ > デザインのこだわり
 
縁あってさせていただいた結婚式のお手伝いがとても楽しくて♪、
もっとたくさんの花嫁さんのサポートができれば…と
リングピローショップをオープンしました。
 
幼い頃から夢見た一生に一度の結婚式…、
挙式準備を進める花嫁さんは、みんな一生懸命。
準備するのは大変だけど楽しい時…、
小さなリングピローも楽しく迷いながら選んでいただきたいという思いから、
色々なアイディアを練り出しながら、
楽しくデザインさせていただいております。
 
Accumのリングピローは、
デザイナーが各々気に入って仕入れた材料で製作しています。
生地やレース、
それぞれの材料が更にきれいに見えるデザインが出来上がった時は最高の達成感♪
ホームページへのアップが待ち遠しく、
ご注文をいただいたときはとても嬉しいです。
 
デザインで一番難しいのは『リングの留め方』。
リングが落ちたりすることのないように…、
リング交換がスムーズに行われるように…、
そして、リングがあるときもないときもきれいに可愛らしく見えるように…、
実はとても苦労してデザインしています。
演出小物のリングピローですが、
リングを預かり運ぶのが大切な役割なので、
いつも一生懸命頭を使います。
 
リングピローの大敵は汚れ!!
手作りキットを用意するときや、
完成品の製作着手の前には、
よくよく材料をチェックします。
作業の前には必ず手を洗い、準備は手袋をはめて行っています。
 
小さなリングピロー…、
ちょっとステキなレースやパールは材料としてお高いものもありますが、
価格のほとんどは準備あるいは製作料になります。
手間が掛かると工料にはね返ってしまうのでできれば簡単にしたいのですが、
こだわりと性分でできません。
縫い留めてしまうとほとんど見えないバラの裏側まできれいに包んだり、
のり付けでもいい!?と思われる部分も、
ひと目ひと目丁寧にチクチク縫い付けます。
演出を手伝う小物ですが、
新郎新婦様にとっては大切な門出のセレモニーでお使いいただくもの。
1つ1つのリングピローを大切に思いながら、
見えないところも手を抜かずに丁寧にご用意させていただいております。
完成品も手作りキットも、
手にしていただいたときに、
陰ながらのデザイナーの思いが少しでも伝われば嬉しいです。